HOME > ブライダルインナー > ドレスと小物

ウエディングドレスと小物

 どんなドレスを選ぶかによって、インナーも変わってきます。まずはウエディングドレスにはどんな形があるのか、ご紹介を致します。
 下記は一般的なデザインですので、他にもアレンジしてあるものが多くありますので、あくまでもご参考にどうぞ


Aライン タイプ

 アルファベットの「A」の字のようなラインを作るドレスは、着る人はもちろん、式場もあまり選ばない万能タイプ。そのため、一般的にも豊富なデザインが揃っています。パニエを用いれば、スカートのふんわり感をアップできます。


プリンセス タイプ

 上半身を締め、その分下半身のボリュームを見せるシルエットが特徴。スカートのふくらみはパニエを用います。ロマンティックで華やかな装いは、まるで中世のお姫様のような印象で、大聖堂や古城などの迫力ある式場に向いています。


スレンダー マーメイド

 体のラインを美しく見せる細身のドレスがスレンダー、膝下から裾に向かってスカートが広がるものをマーメイドと呼びます。大聖堂などでは式場の迫力に負けないために、トレーン(引き裾)を用いて、全体的な印象にボリュームを持たせて。


ミディ

 ふくらはぎの真ん中くらいまでの丈をミディと呼びます。軽やかな印象のこのドレスは、ガーデンウエディングなどカジュアルな式場にぴったり。足元が見える分、靴とのコーディネートも要注意!


ベール

 べールアウトの儀式といって、ベールに覆われている(両親に守られている)女性の、そのフェイスベールを男性が外すことで、ふたりの新しいスタートが始まることを意味します。
 長さに決まりはないですが、式場の雰囲気を考えて選ぶのが重要なポイントです。

シューズ

 基本は白。挙式やフォトツアーなど、一日中立ったり歩いたりするので、なるべく歩きやすいものを選びましょう。


アクセサリー

 「イヤリング」と「ネックレス」は自分の好みでプラスします。大きく開いた胸元にはアクセントとして「ネックレス」をつけます。襟がつまっているなら何もつけない方がスッキリします。


手袋(グローブ)

 ノースリーブやビスチェのドレスならロング、それ以外の袖ならショートを選びますが、絶対のルールではありません。