ホームランジェリーのもと


ランジェリーのもと 〜繊維〜
繊維 天然繊維 植物繊維

種子毛繊維 綿(コットン)
じん皮繊維 麻 −亜麻(リネン)・苧麻(ラミー)/大麻(ヘンプ)・黄麻(ジュート)
葉脈繊維 マニラ麻・サイザル麻・ニュージーランド麻・羅布麻(ロープーマ)
果実繊維 やし
その他 いぐさ・麦わら
動物繊維 獣毛繊維 毛(ウール)−羊毛・やぎ毛・モヘヤ・カシミア・アルパカ・アンゴラ・キャメル・ビキューナなど
繭繊維 絹(シルク)−家蚕絹・野蚕絹
羽毛繊維 ダウン・フェザー・その他の羽毛
鉱物繊維 石綿/アスベスト
化学繊維

無機繊維 金属繊維 金属繊維 ・金糸・銀糸・耐熱合金繊維
炭素繊維 炭素繊維
けい酸塩繊維 ガラス繊維 ガラス(グラスファイバー)
鉱さい(スラグ)繊維
岩石繊維
精製繊維 セルロース系 テンセル・リヨセル
再生繊維 セルロース系 レーヨン /ビスコースレーヨン 普通レーヨン
ポリノジック
キュプラ /銅アンモニアレーヨン
タンパク質系 カゼイン繊維・落花生タンパク繊維・とうもろこしタンパク繊維・大豆タンパク繊維
その他、再生絹糸
その他 アルギン繊維・キチン繊維・マンナン繊維・ゴム繊維
半合成繊維

セルロース系 アセテート
トリアセテート
酸化アセテート
タンパク質系 プロミックス
その他 塩化ゴム・塩酸ゴム
合成繊維 ポリアミド系 ナイロン ・ナイロン6・ナイロン66・芳香族ナイロン・アラミド
ポリビニルアルコール系 ビニロン
ポリ塩化ビニリデン系 ビニリデン
ポリ塩化ビニル系 ポリ塩化ビニル
ポリエステル系 ポリエステル
ポリアクリロニトリル系 ポリアクリロニトリル繊維 アクリル
モダクリル繊維 アクリル系
ポリオレフィン系 ポリエチレンル繊維 ポリエチレン
ポリプロピレン繊維 ポリプロピレン
ポリスチレン繊維
ポリエーテルエステル系 レクセ・サクセス
ポリウレタン系 ポリウレタン
ポリクラール


 ひと言で繊維といっても沢山ありますが、それぞれに特性がありいろいろな分野で活躍しています。下着に良く使われているものは赤文字で表示してみました。パッと見た感じでは圧倒的に化学繊維に属する素材が多いですが、実際に使用されている部分を見るとレースに使われることがほとんどです(安心してください!)。肌に密着する部分は綿(コットン)が使われてます。

 ただ、これだけいろいろな素材が組み合わされて作られている下着は個人的にすごく奥が深いな〜と思います。今からちょっと貴女の下着をチェックしてみてください。1つのブラジャーに4、5種類の素材が使われてるでしょ。で、いま着ている服を見てみると素材は1、2種類だったりして…!

 「ブラで肌がかぶれたりして困ってます。」というメールを最近よくもらいますがそういう方には

まず素材で下着を選ぶようにオススメしています。皆さん原因は違いますからそれぞれメールを頂いた方には個別対応していますがやはり一番の原因は素材ですね。その次がブラジャーの形です(ちなみに)。また、肌だけではなく季節によっても変わってきます。うん、やっぱりランジェリーは奥が深いな〜と個人的に思ってます…。

 それでは、ちょっと下着に使われている繊維を紹介してみます。

下着以外の用途 特徴
綿 タオル、敷布、 ハンカチ、作業着、シャツ、 浴衣など  吸湿性、通気性、耐久性が高いが、シワになりやすく、縮みやすい 。
和服、ネクタイ、ブラウス、スカーフ、パジャマなど  しなやかで吸湿性に優れ、あたたかい。薬品などにやわく、黄変することも。
レーヨン 寝具、裏地、カーテンなど  肌触りがいいが、シワができやすく、水に弱い。
ナイロン 靴下、水着、スポーツウエア、子供服など  丈夫で軽く、乾きやすいうえ、酸やアルカリに強いが、吸湿性が低く、静電気が生じやすい。
ポリウレタン 水着、包帯など  伸縮性がとても高い。摩擦、引っ張りに強く、酸やアルカリにも侵されにくいが耐熱性に劣る。